ベトナム・インドネシア・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生受入れを進める協同組合ビジネスネットワークの理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
農家さまから「求人しても応募がない」「来ても続かない」「後継者がいない」などと話され技能実習生受け入れの相談があります。実際のところ高齢化が進み後継ぎも難しいようです。しかし生産者の数が減り、企業が参入しても技術的な問題で上手くいかないなどの問題があり将来性はあります。
そこで外国人技能実習生受け入れを考える方がいるのです。







農業の受け入れでは耕種農業(施設園芸 畑作・野菜 果樹)と畜産農業(養豚 養鶏 酪農)が技能実習2号移行対象となっています。
分かりやすく言えば稲作や苗木や肉牛の生産が主な方は2号移行対象にならないのです。
※2号移行対象とは3年間働ける実習生です。

協同組合ビジネスネットワークでは多くの技能実習生受け入れ実績から農家さまを応援します。

後継者でお困りの農家さま、お気軽にお問い合わせください。

愛知 名古屋 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 大阪 和歌山 兵庫 広島 岡山 鳥取 島根 山口 香川 愛媛 高知 徳島 で受入れを進めています。
この地域外の方はご相談ください。


農業はインドネシア ベトナム カンボジア ラオス フィリピン 中国
の順におすすめかと


【2016/02/04 15:31】 | 農業 求人
トラックバック(0) |