ベトナム・インドネシア・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生受入れを進める協同組合ビジネスネットワークの理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
一昨日の夜ベトナム ホーチミン市から広島空港へ帰ってきて相生まで移動して、昨日の朝宿泊先を出発して関西空港へ3年間の技能実習期間を終えて帰国するインドネシア人技能実習生の見送りに行ってきました。

DSC_2881_convert_20171106060659.jpg

荷物の多いインドネシア人たちは助け合って移動して帰国して行きました。
他の国の実習生たちは3年間一緒に過ごせば仲が悪くなっていることがよくありますが、仲が悪くなるというのが少ないのがインドネシア人技能実習生の特徴です。

関西空港見送りが終わり三重県まで移動して監査と夜は中国人技能実習生と食事をしてきました。

DSC_2885_convert_20171106060816.jpg

他の国の実習生は食べることに夢中で焼くことを忘れてしまう者が多いのですが、そこはさすがに気が利く中国人です。
気が利く、空気が読める、感謝の気持ちが言えるのは中国人技能実習生の特徴です。

今日は関西国際空港に移動して中国大連市へ技能実習生の募集に行ってきます。

外国人技能実習生受入れをお考えの企業さま、技能実習生はどの国から受入れても同じだと考えていませんか。
受入れ企業の作業や雰囲気などと技能実習生の出身国による特徴を考えながら募集国を決めないと安定した受入れにつながりません。
出身国の特徴の違いは複数の国から受入れ経験の豊富な協同組合ビジネスネットワークへお気軽にお問い合わせください。

外国人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、東京、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。

【2017/11/06 07:23】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
今年11月には始まる外国人技能実習生受入れの新制度についてお問合せが多くなっています。3月中には確定した新制度が公表されると言われていましたが、まだ発表されていないです。
今日JITCOに問い合わせた最新の情報では4月上旬に出されるようです。

技能実習生受入れ企業さまの知りたいところは受入れ人数枠の増と実習期間が5年に延長されることだと思います。
しかし先日のブログで紹介しましたが、現実はなかなか厳しいものになるようです。
すでに人数枠増と期間延長の話を進めている監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)もあるので注意してください。

また介護関係もフライングで進め、送出し国で募集と面接を終えている監理団体や介護施設があります。
まだ介護実習生の詳細が公表されていない状況なので、今の募集はミスマッチングにつながり危険です。

外国人技能実習生の募集には作業内容を詳しく伝えること、支払われる給料や控除される額、実習場所、企業の特徴などをきちんと伝えないと安定した受入れは無理なのです。
ミスマッチングをなくすることに努力していることが優良な監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)を選ぶポイントだと思います。
詳しくはお問い合わせください。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

東京、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、愛媛県、香川県で受入れを進めています。

【2017/03/30 14:03】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
広島、岡山、香川、高知県と大阪の企業さまから受入れのお問い合わせが続けてあり説明に行ってきました。どちらの企業さまも協同組合ビジネスネットワークから技能実習生を受入れている方からのご紹介です。

現在、他の協同組合を監理団体として受入れている企業さまもあります。
ここで気になるのは「ある協同組合」から変わられる企業さまの多いことです。

今回も岡山県と大阪の企業さまは同じ「ある協同組合」から受入れていました。

同じ協同組合から変わることを考えられた理由は全く違います。
A社 面接時にかかる費用が高くて不透明
B社 大丈夫、大丈夫と言われたことがそうでなかった

外国人技能実習生受け入れ企業さま、安定した受入れをするには信頼のおける監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)を選ぶことが重要です。

技能実習生受入れのご相談は協同組合ビジネスネットワークへお気軽にお問い合わせください。


外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井で受入れを進めています。






【2016/11/07 16:17】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
他の組合の理事長で昔からの知り合いの方と偶然に会って話す機会がありました。久しぶりの挨拶もそこそこに「この仕事はやりたくないですよ。辞められるのなら辞めたい。」と言われました。トラブルが多くて困っていること、今日もどこかの会社で実習生が仕事をボイコットして休んでいることを話してくれたのですが、その途中にも何回か企業さまから苦情の電話と思われるものがかかってきていて返答に困っているようでした。

その理事長が私に聞くのは「本当に1か月の入国後講習をやってるの」「本当に時間外に割増賃金を払ってもらってるの」「本当に農業でも割増賃金を払ってるの」「本当に有給休暇を与えてるの」「本当にWi-Fiは自由に使わせてるの」などと協同組合ビジネスネットワークでは当たり前にやってることばかりでした。
この時の「本当に」という言葉が耳に残って嫌な言葉になりました

協同組合ビジネスネットワークでは実習生がトラブルを起こさずに3年間過ごすためには監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)が実習生たちから信頼されることが一番大切だと思います。
実習生たちは入国後講習の期間、割増賃金、有給休暇、Wi-Fiのこと、ルールがどうなっているのか全て知っているのです。
それを守らない組合を実習生は信用しないですよね

受入企業さまの中には「うちはルールを守ってるのにトラブルがある」と言われる方がいますが、その監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)が他のところで信頼をなくしているとしたら真面目にやっている企業さまもとばっちりを受けるのです。

外国人技能実習生の受入れ企業さま、協同組合ビジネスネットワークの安定した受入れの秘訣をお気軽にお問合せください。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井で受入れを進めています。

【2016/10/08 17:20】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
協同組合ビジネスネットワークでは技能実習生受入れ企業さまへの監査を徹底しています。監査に行くと技能実習記録を確認させてもらいますが、企業さまの担当者様が工夫を凝らして頑張って書いてくれているところも結構あり見せていただくのが楽しみな時があります。

謚€閭ス螳溽ソ定ィ倬鹸_convert_20161007094922

しかし技能実習記録は結構ややこしくて技能実習計画に基づき書くものですから理解できないと難しいところがあります。
企業さまの中には「こんな意味もないことを記録して何になるの」とか「以前の組合は書いてくれてたけど、やってくれないの」と言われたり、私たちは大阪方式と呼んでますが前の組合が作った技能実習計画にあるすべての項目を列記しているものにレ点を入れていくやり方を続けているところもあります。でも全ての項目は列記されていても肝心の時間を書くところが無くてやり直してもらったりすることがあります。

JITCOの巡回指導も高松JITCO管轄の四国の企業は1年おきに受けているような感じがありますが、大阪の企業は10年もの間来たことがないといった感じです。
このようなことからも組合がおこなう監査の対応にも地域によって危機感が違いうように感じます。
企業さまには叱られるかもしれませんが、監査をする立場からするとJITCOの巡回指導は受入企業さまの意識を高めてくれるのでwelcomeなのです。
今後は技能実習機構なる公的機関ができ、そこの調査になる予定なので公的機関が調査に回るとなれば、今のような大きく頻度に差が出ることはないように思います。

外国人技能実習生の受入れ企業さま、予定通りの入国日で進められることも安定した受入れをするポイントです。
予定通りの入国日で進められるのは技能実習記録など受入れのルールを守っていることが最低でも必要だと思います。

入国日が遅れてお困りの企業さま、入国が遅れる理由は必ずあります。お気軽に協同組合ビジネスネットワークへお問い合わせください。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井で受入れを進めています。

【2016/10/06 15:05】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |