fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
早く帰ったので、私の中国歴について書きます。まだまだ訪中歴は浅く青二才ですからそれなりに読んでください。
初めて中国へ行ったのは20年くらい前でした。私を息子のようにして付き合ってくれた方の仕事の関係で、大連へ行きました。空港に着き最初に驚いたのは、耕運機に荷台を取り付けた運搬車が人を乗せて、時速80㎞くらいで走っているんです。その耕運機はたぶん旧ソ連製だったと思います。自動車も建設機械も旧ソ連製がほとんどでした。私が滞在中にお世話になった車は、地元の大学のマイクロバスで、トヨタの中古車を日本から輸入したものです。夜走っていて気付いたのは、ライトが付いてないのに100㎞くらい?で走っているのです。くらい?というのはスピードメーターも壊れていて動いてないのです。運転手は「トヨタの車に乗りたくて、運転手になった」と、うれしいことを話してくれました。
桃にも驚きました。桃が固いのです。どれくらいか?リンゴ以上でしょう。同行していた知人は、その大学の学長室に案内され、学長が登場するまでの間にテーブルの上にあった桃をこっそりと食べ始めました。すると・・・・「ぎゃー」と叫ぶので横を見ると前歯が抜けていました。本人いわく「柔らかいと思って思いっきりかじったら差し歯が抜けた・・・」日本の桃との違いは分かっていただけましたか。

協同組合ビジネスネットワーク ⇒ホームページです。

【2011/02/07 22:08】 | 中国 技能実習生
トラックバック(0) |