fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
昨日、受講したセミナーで聞いた中で気になる事件がありました。昨年、愛媛県で発生した事件だそうで、帰って調べるとこういうのが出てきました。

愛媛のニュース2010年10月20日(水)
犯行後室内物色か 強殺も視野に捜査 西条男性刺殺
 西条市明屋敷の独居男性殺害事件で、殺人容疑で逮捕された中国籍の元実習生孔祥猛(コン・シャンモン)容疑者(28)が、三並清さん(64)を殺害後に三並さん方を物色した可能性が高いことが19日、県警特別捜査本部による血痕のDNA鑑定などで分かった。被害者方の実況見分などで預貯金など無くなった物はないかどうか資産関係の捜査もしており、強盗殺人容疑や窃盗容疑の可能性も視野に捜査を進めている。
 捜査関係者らへの取材で、遺体発見時に三並さんの心臓が取り出されていたことも判明。特捜本部は孔容疑者が強い殺意を持っていたとの見方を強めている。

当時はこのように報道されたようですが、パチンコに入れ込んで同僚にも借金していたため、強盗目的だったようだと話されていました。
私も経験がありますが、寮からパチンコ店が近かった中国人がパチンコに夢中になり、同寮の者から借金して、あげくに失踪しました。また3年間で10万円くらいしか貯金できなかった者もいました。
共通しているのは、寮からパチンコ店が近いことと、夜間の管理が十分にできていなかったことです。
中国人は、賭け事や株などが大好きで、田舎の農民でさえ多くの人が株をしています。日本の感覚では恐ろしい事件につながります。


協同組合ビジネスネットワーク⇐組合のホームページです

【2011/02/11 20:45】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |