fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
協同組合ビジネスネットワークで受け入れをお断りする理由として多いのが、入国時講習をおこなうことについてです。旧制度では集合研修とよばれていたもので、入国後1ヶ月間 第一次受け入れ機関がおこなう講習です。「もっと短くできないの?」「企業でやってもいいのでしょう」などと聞いてくる方が多いのです。当組合に変わられた方の中にも「以前、別の組合から受け入れた時は1日もやらなかった」と話された方がいます。その方が残していた 入国申請書類 を見せてもらうと、警察などへの外部講習依頼書はあるのですが受付印がありません。当組合では何年も前から受付印を頂くようにしているのですが・・・・。同じ高松入国管理局の管内なのに、こんなことができるんだ と驚きましたでも法令で決まっているものだからやらないといけないですよね。集合講習の大切さについては後日書きます。

【2011/03/22 09:05】 | 入国後講習
トラックバック(0) |