fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
中国人とベトナム人の夕食時間の違いを見れば、仕事の取り組み方の違いがわかります。まず中国、食事は大切な行事ですから開始時間も早いですね。早いと言っても夕食だけですよ。「夕食は何時からにしますか」よく聞かれますが「7時(午後)から」なんて言えば、機嫌が悪くなるのが中国人です。中国人の夕食開始時間は、遅くて6時(午後)からで、早くて4時(午後)と言い出します。ベトナム人は早くて6時(午後)、7時(午後)でも普通で、日本人の食事時間と同じです。ですからレストランへ行くと、中国は8時になればガラガラになりますし、ベトナムは食事の真っ最中って光景です。中国はなぜ早いかってはっきり言うと中国から苦情が来そうなので、分かりにくく・・、仕事と食事のどちらが大切と考えているかということですねこの2時間くらいの違いが、国民性をよく表していると思いませんか

【2011/03/27 06:16】 | ベトナム 技能実習生
トラックバック(0) |