fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
中国の大連で友人たちと食事中のことです。大学の教授をしている崔さんが「呂さんは郊外で農場を借りて、農業を始めた」と言うのです。呂さんは20年前からの友人で、私が飲み過ぎてトイレで這っていた時に助けてくれたいい人です。いま65歳くらいで、20年前に大連市の観光局長を退職して、広告代理店を始め、日本語、英語、ロシア語の旅行本や写真集を発行している有名人です。呂さんは農園について「本当、本当」と言って頷いていました。二人の話では、市内から旅順へ行く途中に農園を借りて、7種類の野菜を植えたそうです。ビニールハウスと管理小屋が付いていて広さは1ヘクタールだそうです。他の友人たちも交じって「中国のお金持ちは農薬が怖いので、自分で野菜を作る人が増えている」なんて言うものですから、「名前は呂ファームにしよう」「そんなに大量は食べるの無理だから、販売しよう」なんて盛り上がってやってしまいました。翌日、「農園を見に行こう」と、しつこく誘うので「田舎に住んでいるからめずらしくないんだけど」と言いながら、嫌々見に行ってあげました
到着したのは、大連の郊外で確かに旅順の手前7種類の野菜と管理小屋とは程遠いけどもあり、話に大きな違いはありませんでした。
これが前夜の酒の肴「呂ファーム」の全貌です。
image001_20110521145724.jpg
浴室とトイレ付きのゲストルームが3室ある、高級別荘です。
お値段は日本円で3000万円以上
今度私が行くまで使わないから、「最初に泊まって」と言われました。
意地悪な友人に「謝謝、シェイシェイ」です

【2011/05/21 14:25】 | 中国 技能実習生
トラックバック(0) |