fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
昨日今日と朝が すごく寒い です。
朝になるとが降りていて、ベトナム人は初めて見る風景に大変驚いています。
昨日の朝は、前夜に降った雨の影響で路面が凍っていて、寮から講習センターに行くまで12台の車が事故をしていました。
それを見た 送出し機関の天才児トゥワンくんは、すかさず「岡山和氣商店は、今日忙しいでしょうね」と言っていました。
和氣商店さんは、自動車をやっていてベトナム人技能実習生を受け入れているの修理屋さんです。すごく優しい社長さん で ガシャーンとやってしまうと 香川県でもを引き取りに来てくれて きれいにをしてくれます。最近も組合職員の通訳がガシャーンとやってしまいお世話になりました。
みなさんガシャーンとやってしまった時は、自動車の和氣商店さんまでご連絡をお願いします。

和氣商店さん☜ここをクリック

【2012/01/18 14:00】 | ベトナム 技能実習生
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: Re: タイトルなし
協同組合ビジネスネットワーク代表理事
> > リンク先の企業さんには実習生が入ってるんですね?1年ですか? 3年はこの業態だと難しいと昔から言われていますけど・・・

> ブログを見てくださりありがとうございます。
> お答えします。
> この企業様は解体もやってますが、別の敷地建物できちんと自動車の板金塗装をやってます。この板金塗装工場は、この企業様がまったく関係のない自動車板金塗装会社を工場・機工具・社員などすべて買収したものです。 他の解体屋さんでは、溶接や梱包で受け入れているところもあるようですが、当組合ではそのような形態での受け入れはお断りしています。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: Re: Re: タイトルなし
協同組合ビジネスネットワーク代表理事
> > > お答えありがとうございます。
> > >
> > > 板金作業は建築板金のみが認められており、噴霧塗装なども、自動車修理関連の場合は認められていないと思います。各入管の判断にもよると思いますが、自動車板金の場合、年がら年中塗装のみで、実習計画で全作業工程の8割から7割を構成することが困難だというのが一般的な判断だと思います。 知り合いの連合会関連でも40団体近くの組合がいますが、この職種の場合受入を行っていないようです。 jitcoには聞かれたのでしょうか???
> > >
> > > あと、もう一点ですが、かなり前からベトナムからの受入を行っているようですが、労働局への取扱地域の変更届はされていますか?昨年の12月の段階で登録が国内と中国のみになっているようですが???厚生労働省のデータ入力ミスでしょうか?
> > >
> > > 断っておきますが、嫌がらせとかアンチではないです。いつも面白くブログを読ませて頂いてます。
> > > 頑張ってください。
> >
> > 質問ありがとうございます。
> > 今日確認しました。
> > 自動車の板金塗装での受け入れは、普通に大丈夫だと思います。
> > 当組合以外にも、全国的に多くの事業所が受け入れているように聞いています。
> > 2004年ごろJITCOが作成し発行していたマニュアルにも「自動車板金にかかわる塗装作業」はOKとありました。現在この冊子は入手できませんが・・・。悪用が多かったのではないかと思います。
> できれば2004年前に受け入れをおこなっていた組合からマニュアルを入手してみてください。
> > 受け入れ後も何回か調査を受けていますが、問題はないようです。
> >
> > また労働局へはベトナムの受け入れと同時に提出しています。どのサイトで見たのか教えていただければ、勉強してみます。
> >
> > これからもご指導をよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲