fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
最近、他の組合から受け入れられている企業様からの相談が増えています
増えている理由として、入国管理局やJITCOの調査が厳しくなっていることがあるようです。
連絡があると企業様に行って、調査の内容を見せてもらって修正するところや報告漏れなどをアドバイスしますが、どうしても乗り越えれない部分がある企業様があります
例えば、受け入れ職種とまったく違うことをやっていてその職種に使う器工具すらないところ、今まで割増賃金を払ったことのないところ、実態のない会社で受けているところなどなど たくさんあります。
その他にも発覚しづらい入国時講習をほとんどやっていないところ、パスポートや通帳を預かっているところ、へんな名目をつけて集金しているところなどなど本当に多いです。
でも共通しているのは、ほとんどが組合の指導で進められているのに調査の連絡が来ると見捨てられているのです。
最近だと割増賃金を払ってなくて労働基準監督署から指導を受けた企業様からの相談がありました。
そして入国管理局からは説明を求める書類が届き、組合が提出書類を作って提出したそうですが、その内容は「組合は知らなかった」だと推測します。
、企業様が残してあったものの中に組合が作って実習生にサインさせていた約束書のようなものがあり、その中には「割増賃金は求めないこと(罰則:強制送還)」なる文言がありました。
後日、入国管理局に問い合わせると「準不正行為認定」だったそうです。

受入れ企業のみなさん監理団体と受入れ企業の不正行為認定を受けた数を比べてみてください。圧倒的に受入れ企業様が多いのが分かると思います。

監理団体(第一次受入れ機関)を慎重に選んでくださいね。
また現在の受入れに不信感を持たれた方は、協同組合ビジネスネットワークまで☜ご連絡ください。対応策を一緒に考えますよ

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中国人技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへご相談ください。

香川県・愛媛県・高知県・徳島県・岡山県・広島県・鳥取県・島根県・兵庫県・大阪府・和歌山県・三重県・奈良県・京都府・滋賀県・岐阜県・愛知県・静岡県で受入れを進めています。

【2013/03/01 16:03】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |