fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
昨日、カキ養殖の技能実習生面接試験を行ってきました。
3名の募集に応募者は12名、よく集まったと思うのと多すぎて大変だとも思いながら受入れ企業様に届けるためのビデオカメラを片手に始めました
このように参加者が多い時のコツは、上手く絞り込むことです
募集条件に合わない者、本気度の低い者などを早く見つけて省いていきます
そこで企業様からいただいている条件に、忍耐力のある方 というのがあったので、カキ養殖作業の厳しさ 日本の仕事の厳しさ 技能実習生として3年間過ごすことの厳しさ などを最悪の状況を例に挙げて本気度を確認しました
予想してたとおり、動揺し始めたものがいるのが分かりました。
次は 左利きは避けたい という要望もあるので、送り出し機関が準備したカキと持って行ったカキ打ちに使用するナイフを使って実技試験をすることにしました。
条件は伝えていたのですが、完全に守られないのが日本と違うところで予想通り左利きが3人いました。
次はリンゴの皮むぎで手の早さを見ると、普通にむけない者を1人見つけました。
次に体力試験を行ったのですが、時間を長めに設定して体力とやる気を見ます。
10キロの重さのものを持って1分間スクワットをしてもらうと、もうやる気のない者は途中で簡単にリタイアします。
あとは船に乗るので 車酔いをしない方 ということも聞いてみると、めちゃくちゃ弱い方が2人見つかりました。
その後は視力試験、握力、私との腕相撲で腕力の確認などを行い、最後に面接です。
これだけすれば辞退を申し出る者もいて、条件の合わない方と合わせると残りは5名だけになりました
少なくなったように思うでしょうが、自信があります

今日は縫製の面接試験を頑張ってきます。

ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生、雲南省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。

【2013/05/09 09:16】 | カキ 養殖
トラックバック(0) |