fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
他の第一次受入れ機関(協同組合など)から技能実習生を受け入れられている企業様からトラブルの相談が多くなっています
最近の話を書くとマズイかもしれないので少し前のことを教えます

トラブル
 受け入れていた技能実習生を組合が一方的に引き揚げ他の組合員さんのところへ移行させた
 なんで
 初めて技能実習生を受け入れる組合員さんがいたようで、通訳や指導者を兼ねて連れて行ったようです
 そんなことが勝手にできるの
 技能実習生本人を口説いたようで、その後技能実習生からも連絡があり、新しい移行先の企業からはお礼の電話があった

トラブル
 組合から訳の分からない請求が来て困る
 例えば
 2泊3日で中国大連へ面接に行ったら旅費として15万円、技能実習生レクリエーション代として7万円・・・・
 大連2泊3日ではどうやっても15万円も必要ないでしょうレクリエーション代って・・・管理監査費用も払ってるのに・・・

 は、その組合の考え方は人材派遣なんでしょうね
 は、受入れをお考えになる時に3年間必要な費用をきちんと出してもらってないからでしょうね

受入れ企業のみなさん、間違った受け入れをすればトラブルになるし修正しようと思っても遡って支払いが発生したりすることから難しいのです
現在の受入れに不審なところがある方は是非 相談してください
二つの組合が重なるのはルール違反ではありません

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中国人技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへご相談ください。

静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、愛媛県、香川県で受入れを進めています。

【2013/06/19 12:10】 | 技能実習生
トラックバック(0) |