fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
外国人技能実習生の受入れ企業様から入国時講習中に日本のルールやマナーをしっかりと教えるように要望されることがあります。
この要望は都市部というか大きな街の企業様からは少ないので不思議に思っていました。
私自身が田舎育ちで田舎生活しているものですからルールやマナーを教えるように要望されるのに違和感はありませんでしたが、最近出張が多くなり色々なことを見ていて分かったように思います。

はいその訳は
交通の便利のいい都市部の交通手段は電車やバスなどの公共交通機関を使いますよね。その待合やホームや車内での技能実習生くらいの歳の日本の若者のルールやマナーが守られてないことをその辺りの企業様は分かっているから実習生に求めないのでしょう。
その他にも大きな街には公の場が多くそこででも日本の若者たちのルールやマナーが守られているように思えません。また大きな街には若者も多いですよね。
それに対して地方の交通手段は自動車で、よく利用する公共の場も少ないし、若者も少ないので目につきにくいです。

大きな街の企業様がよく言われる「自分の子供が守れないのに・・・」「日本人が守れないのに・・・」という言葉は街だからこそ見えるものがあるのでしょうね

今度から技能実習生達に日本人のルールやマナーについてどう感じているのか本心を聞いてみます
ご期待ください。

カンボジア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、フィリピン人技能実習生、マニラ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、山口県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。
お気軽にお問い合わせください。

【2015/02/01 13:56】 | 外国人技能実習生
トラックバック(0) |