fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
外国人技能実習生の受入をお考えの方から、よく「どこの国の実習生がいいの?」と質問があります。
今日は出身国による消費の違いについて説明します。
今朝立ち寄った産直でインドネシア人技能実習生が買い物です。



安い物はピーマンと生姜とサツマイモ
高い物はバナナと夏柑とミニトマトとキュウイ
これらの高い物はなかなか日本人でも買うのを躊躇しそうな物です。

ベトナム人の消費はインドネシア人よりは少し少ないです。ベトナム人以上に少ないのは中国人で、特に北部の出身者は倹約です。
これは日本でも同じだと思いますが、北の寒い地域の方は倹約で南の暑い地域の方はたくさん消費するように思います。

たくさん消費してくれる方が日本の経済にとっては良いことだと思いますよね。
このゴールデンウイーク中もインドネシア人とベトナム人技能実習生は電車や高速バスやタクシーを使い頻繁に移動していました。特に田舎のタクシーは外国人技能実習生たちの消費でかなり助かっているように思います。

外国人技能実習生受入をお考えのみなさま、技能実習生には出身国の違いによる特徴があります。
詳しいことはお気軽にお問い合わせください。

ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、マニラ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、山口県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。


【2015/05/08 10:04】 | 外国人技能実習生
トラックバック(0) |