fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
協同組合ビジネスネットワークでは深刻な人手不足に対応するために始まった特定技能の受入れが順調に進んでいます。しかし他の登録支援機関や送り出し機関から聞こえてくるのは「〇〇国の大使館で特定技能のVISAが下りなくなってるよ」「特定技能者が△△国を出国する時に空港で止められて日本に来れなかったよ」などと特定技能の受入れが難しいということです。

でもこのことについてはベトナム、インドネシア、フィリピンでVISAが許可されないとか出国できなかったの話が多いだけで、どこの登録支援機関かどの職種かなど詳しいことはわかりません。

そんな中、協同組合ビジネスネットワークでは今日もベトナムで特定技能のVISAが下りました。
当組合の特定技能受入れが問題なく進んでいることから考えれば特定技能の受入れが難しいというのは嘘の情報だと思います。

どうも嘘の情報の発信源は登録支援機関になっていない組合や送り出し機関のように思えます。

送り出し機関が嘘の情報を流す理由は、企業が特定技能を受入れることで技能実習生が減っているようです。
技能実習生の送り出し機関は儲けのない特定技能が進めば技能実習生送り出し人数が減ります。
技能実習生の送り出しでもらうお金が50万円とすれば、送り出しの人数が減れば影響は大きいでしょう。
日本の価値の1/10と考えれば、日本でだと500万円減る感じかと・・・。
月に数名減るだけでも大きな痛手でしょうね。

特定技能の受入れをお考えの時は実績のある協同組合ビジネスネットワークにご連絡ください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、中国人技能実習生、ネパール人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。


広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。

【2019/12/26 10:29】 | 特定技能
トラックバック(0) |