FC2ブログ
ベトナム・インドネシア・ネパール・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
特定技能と技能実習生の違いについて説明に行ってきました。今回は技能実習生と特定技能で受け入れた場合の比較表ができたので一目瞭然の説明ができました。

DSC_3389_(002)_convert_20200130170205.jpg

3年間、5年間で必要な費用、給料、作業範囲や受け入れ人数などの制度の違い、運転の可否についても比較しました。
注目は特定技能者の賃金を高く設定しても賃金を含んだ費用がほとんど変わらないということです。
費用は技能実習生は協同組合などの監理団体、特定技能は登録支援機関と違う団体が扱うことが多く比較が難しいのが現状です。
比較ができるのは、どちらも受け入れることができる協同組合ビジネスネットワークだからです。

資料は法務省 出入国在留管理庁(入国管理局)、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、農林水産省、JITCO(ジツコ)のホームページなどを参考にして作っています。

特定技能と技能実習制度の違いは、両方受け入れられる協同組合ビジネスネットワークにお問い合わせください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2020/01/30 17:41】 | 技能実習生
トラックバック(0) |