fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
自動車整備の外国人採用をお考えの整備工場様からのお問い合わせが増えています。募集しても応募がない、求人をあきらめた、後継者がいない、採用しても続かない、引き抜きが激しいなどと話される方の多い自動車整備工場の現状から自動車整備士減少が進んでいて、このままでは自動車の安全確保にも影響が出てくることが予想されています。

自動車整備の外国人採用には3つの在留資格(VISA)が考えられます。

外国人技能実習生:自動車の普及が急激に伸びている国からの採用になります。実習期間は最長5年間です。
特定技能外国人:技能実習生を優良に終了した者の採用とお考えください。特定技能期間は最長5年間です。
外国人技術者:自動車整備の大学を卒業した者や経験の要件を満たした者とお考えください。日本で働ける期間に制限なし

この中では自動車整備の技能実習生を扱える監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)だけが受入れでき、は特定技能の登録支援機関だけが扱うことができます。
協同組合ビジネスネットワークは両方の受入れができます。
協同組合ビジネスネットワークが受入れた後、希望される整備工場で作業をするようになります。

は企業さまの直接雇用になります。

将来の自動車整備士育成や整備工場での作業員養成を外国人で考えてみませんか。
詳しくは実績豊富な協同組合ビジネスネットワークまでお問い合わせください。
自動車整備工場が受入れできる要件など説明します。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

兵庫県、奈良県、京都府、大阪府、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2021/11/11 17:18】 | 自動車整備 外国人技能実習生
トラックバック(0) |