fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
毎年この時期に技能実習生と特定技能者から賃金について不満の連絡が多くなります。技能実習生は3号延長者から、特定技能は2年目を過ぎた者からとなります。

不満の原因は、技能実習生延長者の3号技能実習生や建設就労者と特定技能者の時給を最低賃金は上昇したのに昇給していない場合に問題が出てきます。
1号2号の技能実習生の多くは最低賃金が上がれば時給を上げなければ最低賃金を下回るので、毎年10月に改訂される最低賃金に連動して見直します。
しかし3号技能実習生・建設就労者・特定技能の賃金は日本人並みの賃金というところから、最低賃金に余裕を持たせた設定にしている企業さまがほとんどです。
そこで昇給しないでいたら後輩の技能実習生と変わらない賃金になっていたり、場合によっては下回っていたりということになります。

このところ最低賃金の上昇幅が大きいので注意が必要です。
技能実習生の延長者を雇用している企業さま、賃金の確認をお願いします。

詳しくは協同組合ビジネスネットワークまでお問い合わせください。

外国人技能実習生は、カンボジア人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

香川県、高知県、愛媛県、徳島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。


【2021/11/15 14:11】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |