fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
求人しても応募がない、募集できないといった特に人手不足が深刻な14業種で始まった外国人就労者の特定技能ビザです。現在のところ「建設」「造船・舶用工業」の2分野だけが最長5年の「1号」を技能試験で確認できれば「2号」を取得でき、更新可能で家族も滞在資格が得られ、在留10年で永住権取得が可能になります。

それが外国人就労「無期限」に 熟練者対象、農業など全分野(日本経済新聞)とニュースが出ました。

2022年度から始まるようで、これが始まれば特定技能14業種の企業は優秀な人材が採用できることになります。
14業種は①介護②ビルクリーニング③素形材産業④産業機械製造業⑤電気・電子情報関連産業⑥建設業⑦造船・舶用業⑧自動車整備業⑨航空業⑩宿泊業⑪農業⑫漁業⑬飲食料品製造業⑭外食業です。

技能実習生から特定技能に移行する場合がほとんどで、新型コロナウイルス感染症の影響で技能実習生が入国できなくなり特定技能の受入れが進みました。
当初から懸念されていた賃金の高い都市部に集中する状況は加速していて、今後ますます地方の特定技能の受入れが心配です。

特定技能の募集、受け入れは協同組合ビジネスネットワークまでお気軽にお問い合わせください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。


【2021/11/17 19:09】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |