fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
自動車整備のみなさん、業界では急激な人材不足になっています。そこで外国人材の受入れを紹介します。

自動車整備の外国人材受入れには3つの方法があります。

外国人技能実習制度を活用した受入れ
自動車整備の受入れができる監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)を通じて受け入れることになります。
最長5年間の雇用ができ、実務経験もカウントできるので自動車整備士の資格取得もできます。
工員としての従業員登録もできます。
協同組合ビジネスネットワークでは、自動車整備の技能実習生を受け入れることのできる数少ない監理団体です。

特定技能を活用した受入れ
自動車整備の技能実習生を優良に終えた方か、日本自動車整備振興会連合会が開催している「自動車整備分野特定技能評価試験」に合格した外国人材を受け入れます。
今のところ最長5年間ですが、今後優良な方には永久のような制度が追加されると予想されています。
受入れには経験が豊富で通訳などの揃った、政府の許可をもった登録支援機関を使うのが簡単な方法です。
技能実習生と同じように自動車整備士の資格取得も工員としての従業員登録もできます。
協同組合ビジネスネットワークでは自動車整備の登録支援機関としての実績も自動車整備分野特定技能評価試験の対策も多くの実績があります。

技術(エンジニア)の受入れ
日本国内(留学生)、海外のどちらかで自動車整備の大学か短期大学の卒業者 又は 日本の自動車整備専門学校を卒業して整備士の資格を取得している方になります。
VISAは「技術・人文知識・国際業務」となり、職業紹介事業所の協同組合ビジネスネットワークではご紹介できます。
紹介、管理、支援までとなると外国人材を派遣できる資格のある人材派遣会社か、VISAに詳しい行政書士に問い合わせるのがいいと思います。

自動車整備の外国人材受入れと自動車整備士受験資格については経験と実績の豊富な協同組合ビジネスネットワークまで、お気軽にお問い合わせください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、ネパール人、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

兵庫県、奈良県、京都府、大阪府、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2023/04/16 18:53】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |