fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
広島県の企業さまから技能実習生受入れのお問合せがあり説明に行ってきました。現在、この企業さまは広島の東側に隣接する県の監理団体(協同組合)から技能実習生を受け入れていますが、不信感をもったことで連絡をいただきました。

ほとんどやっていない「溶接」職種で受け入れていることから、不信感を持ったということでした。
実習生が溶接をやるのは、よくやって年間数時間程度だそうで、そのため溶接の実技試験に合格しない者もいて安定した受入れができないことを悩まれていました。

お問い合わせのあった企業さまのHPから、別の職種と作業の必須業務に関連業務、周辺業務を付ければズバリ当てはまるものがあることを確認して提案させていただきました。

なぜ「溶接」で受け入れたのかお聞きしたところ、組合から「溶接」でしか受け入れできないと説明があったようです。
この問題は、その協同組合の組合員になれる方は「溶接」に関係した企業さまに限定されるということからです。
以前に同じようなことで受け入れていた企業さまの話を聞いたことがありますが、ある日突然に入国管理局(現、出入国在留管理庁)の方がやってきて調査を受け、急遽実習生全員を帰国させることで終わっそうです。
しかし突然、技能実習生全員がいなくなったため後が大変だったそうで、「もう二度とあんな目にあいたくないよ」と話していたのが印印象的でした。

外国人技能実習生受入れ企業様、安定した受入れを進めるためには職種と作業は十分精査して進めてください。
そのためには、監理団体としての協同組合の受入れできる職種や受入れの判断ができる知識が必要ということです。

外国人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、ネパール人技能実習生、ミャンマー人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。

【2023/05/25 11:15】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |