fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
外国人技能実習制度の廃止が決まったので話せることがあります。私の中での第4位をお話しします。

このことを聞いたのはコロナ前にベトナム ホーチミン市で協同組合ビジネスネットワークが自前の日本語講習センターをやっていた時です。

DSC_1607_(002)_convert_20230621070445.jpg

日本語を教える先生を募集したところ、応募してきたのは四国地方E県の香川県と接しているS市で食鳥処理加工業の技能実習生で働いていたけど2年で途中帰国した20代前半の女性でした。

途中帰国日は、会社に外国人技能実習機構(OTIT)の訪問があるからということで監理団体(協同組合などの第一次受け入れ機関)の方がやってきて突然の途中帰国になったそうです。
理由は食鳥処理加工の実習生なのに、その会社では鶏肉の加工はやってなくて豚肉をとんかつ用にスライスする会社だったから技能実習機構が来るとヤバいとなって帰国させられたということでした。
日本語能力試験N2の合格者で優秀な方でしたが、途中帰国なので特定技能での再入国は難しく本人は残念がっていました。
協同組合ビジネスネットワークの日本語講習センターで働いてもらい、その後留学生で来日したと聞いたので安心しました。

このように外国人技能実習機構ができた当初は、他の組合から受け入れていた企業から同じように職種や作業が違うということで途中帰国になって実習生がいなくなったということをたくさん聞きました。

協同組合ビジネスネットワークでは企業の作業から適切に受入れ職種や作業を提案しています。
受け入れ作業に不安のある企業様、協同組合ビジネスネットワークまでご連絡ください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、ミャンマー技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

愛媛県、高知県、香川県、徳島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。


【2023/06/22 10:00】 | 未分類
トラックバック(0) |