fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
インドネシア中部ジャワで技能実習生入国前講習のチェックと採用試験が終わりました。今回は溶接(手溶接 半自動溶接)、機械検査、パン製造、とび、配管(建築配管 プラント配管)で兵庫、香川、大阪、広島、岡山の企業様の募集です。

20230703_122655_(002)_convert_20230711081522.jpg

20230703_132645_(002)_convert_20230711081548.jpg

協同組合ビジネスネットワークの採用試験は、1 信頼できる送り出し機関が応募してきた中から選び 2 その候補者を組合のインドネシア人職員がZoomで面接をして 3 その情報をもって企業さまが面接をして決めていただきます。
企業さまの面接時には協同組合ビジネスネットワークで受け入れて技能実習生を終えた送り出し機関の職員が立ち会うので、さらに安心です。

で、この送り出し機関の日本語教育は

20230703_151527_(002)_convert_20230711081617.jpg

ガンガンやらせる方法で、日本に入国した時点で通訳者がいらないレベルまで上がっています。
そのレベルの者を組合の日本語教師が仕上げていくイメージです。

このところ急激に送り出し人数の増えているインドネシアですが、インドネシアでは地域や送り出し機関によって大きく違います。
今回の面接試験でもスマトラ島やデンパサル(バリ)の方がいました。
インドネシア語やジャワ語の分からない私でも雰囲気で違いに気づきました。
失敗しないインドネシア人技能実習生受け入れをお考えの企業様、経験豊富な協同組合ビジネスネットワークにおまかせください。

特定技能、外国人技能実習生、インドネシア、ジャカルタ、ジャワ、スマトラ、ベトナム人、ハノイ、ホーチミン、中部、ダックラック、ネパール、カトマンズ、中国人、カンボジア、プノンペン、ラオス、ビエンチャン、ミャンマー、フィリピンの受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

兵庫県、奈良県、京都府、大阪府、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2023/07/11 08:44】 | インドネシア 技能実習生
トラックバック(0) |