fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
先日入国したミャンマー人、インドネシア人、ネパール人の入国後講習が順調に進んでいます。

20230828_104910_(002)_convert_20230829070904.jpg

協同組合ビジネスネットワークの入国後講習の特徴は、国籍や言語の違う者たちに日本語教師がすべて日本語で授業を進めることです。
よく日本語の授業を通訳者がやっているのを聞きます。
通訳者がやっていると聞くと、理解が早いので良いと思う方もいるでしょう。
でもよく考えてみてください。通訳者が日本語を教えると、50%は母国語を使います。
母国語50%、日本語50%となるのです。
更に生活面の指導や注意は母国語でやるので、全体のほとんどで母国語を使っています。
こうなると日本語を勉強することなどできないのです。

もう一つの特徴は全寮制で日本の生活を教える職員もいます。
まだ受け入れ企業で働きながら、暇な時だけ講習に来たらいいよといったスタイルで進めている監理団体(協同組合などの第一次受け入れ機関)もあるようです。
違反には乗らないようにしましょうね。

外国人技能実習生受入れ企業様、協同組合ビジネスネットワークの入国後講習を試してみませんか
1ヶ月の入国後講習後が終われば驚くほど上手くなっていますよ。

特定技能、外国人技能実習生、ミャンマー人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ネパール人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

高知県、愛媛県、香川県、徳島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。


【2023/08/29 07:27】 | 入国後講習
トラックバック(0) |