fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
昨夜、インドネシアの面接から帰って来て大阪支店で仕事をしています
今日は兵庫県の企業様の来組と新しい組合スタッフ候補者の方との面談を済ませ、夕方は三重県の企業様へ訪問に行ってきます
先週のJITCOのセミナーで大阪入国管理局の方が話されていましたが、去年の同時期に比べて新規申請が1.5倍になっているそうです。
協同組合ビジネスネットワークでも受け入れ人数も増え、新規問い合わせも多くなっています。
増えたり多くなったりで重要なことは企業の訪問だと思っています。
受け入れられた企業様には監査や訪問指導を細やかにして、新規問い合わせの企業様には技能実習制度や守らなくてはいけないルールや受入れに係る費用などを詳しく説明することです
現在、外国人技能実習生受入れをしている企業様からよく聞くのが「制度を理解していなくて人材派遣に近いと思ってた」「病院へ連れて行ったり、手続き関係は全て組合がやってくれてました」「技能実習記録は組合が書いてくれてる」「毎月支払ってるけど一度も来ない」「面接に行ったことがない」などなど驚くことが多いです
他にも技能実習生の内職を認めてたり、実務と関係のない作業名で入れてたり、仕事が忙しい時期になると別の第二次受け入れ機関で入国している実習生を連れて来て作業させたり・・・・とやりたい放題です

技能実習生受入れの企業様、技能実習生を受け入れて一番効率の良いのはトラブルがなくて3年間最後の最後まで一生懸命続けてもらうことです
安定した受入れをお考えの時はお気軽にお問い合わせください

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中国人技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生、大連技能実習生、青島技能実習生、西安技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島で受入れを進めています。

【2014/07/07 12:47】 | 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック