fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
昨日は愛知県 名古屋市でインドネシア人技能実習生受入れをお考えの企業様の訪問と他の第一次受入れ機関(協同組合などの監理団体)から中国人技能実習生を受け入れている企業様から問い合わせがあり訪問してきました。

去年あたりから他の監理団体から技能実習生を受け入れている企業様からの問合せが多くなっています。
私が訪問したところで解決したり隠ぺいしたりできるものではありませんが、不正をお聞きすることでいい勉強になります。
大まかに分けると
すごく多いのは入国予定日を過ぎても在留許可が下りない
コンスタントに多いのは人材派遣の考えで進めていたことによるトラブル
去年あたりから多いのはめちゃくちゃな時間数の時間外労働をさせていたために次の入国や資格変更や期間更新申請ができない
どれも監理団体が原因です。
特には適正に監査や訪問指導をおこなっていれば未然に防げます。
去年あたりから多い理由は「技能実習生の入国・在留管理に関する指針」の改訂が行われて監理団体による監査の適正化が厳しくなっています。それなのに普段から監査を行っていない監理団体が多いため申請時などに気付いて慌てているのです。

外国人技能実習生を受入れられている企業様、第一次受入れ機関である協同組合などは3カ月に一回訪問されていますか この監査できる職員も決められた者しかできません。一般職員や通訳者などは認められていないので注意してください。
入国後一年間は毎月訪問指導に来ていますか
詳しくはお問い合わせください。

外国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生、大連技能実習生、西安技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、愛媛県、香川県で受入れを進めています。

【2015/02/03 16:11】 | 愛知県 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック