fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
外国人技能実習生受入先の企業さまから技能実習生のことで「◯◯ができないんだけど」などと言われることがあります。◯◯とは挨拶やお礼や掃除などですが、入国後講習中に何を教えているのかとお叱りを受けることもあります。
確かに入国後講習中に見ていられないほど厳しくしつけているところもあるようですが、生まれ育ったところの習慣と期間を考えると、技能実習生たちに悪気はなくても入国後講習中には教えてできていたものが企業へ行くとできないということがよくあるのです。
私が感じるのは技能実習生たちの入国後講習中の振る舞いは付け焼き刃状態で、場面が変われば対応できないのです。
しかしいつまでもできないのでは企業さまや日本人社員との関係が上手くいかなく、このようなトラブルを防ぐためにも入国後1年間は協同組合ビジネスネットワークのような監理団体(第一次受入機関)による毎月の訪問指導が義務付けられているのだと思います。
また受入企業さまには実習が始まると早い段階でその場面に合ったことを教えていただきたいと思います。

外国人技能実習生受入企業さま◯◯ができないと思った時には協同組合ビジネスネットワークのサポートをお考えください。

ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、マニラ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、山口県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。
お気軽にお問い合わせください。

【2015/05/11 10:59】 | 外国人技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック