fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
介護職の求人をしても応募がないということで介護職員の人手不足が深刻になっています。そこで政府は介護職の外国人技能実習生の受入れを検討しています。協同組合ビジネスネットワークのホームページの中に厚生労働省から出された中間まとめを紹介していますので参考にしてください。

今日はベトナム ホーチミン市で介護技能実習生の調査をしました。ベトナムもインドネシアもフィリピンもカンボジアも中国も行くたびに視察や打合せをしています。
今日訪問した看護学校で驚きの話がありました



以前からよく悪い話しを耳にする 香川県の対面の県にある協同組合ですが、すでに面接を終えてすごい人数のベトナム人技能実習生の採用を決めていました。
学校に聞くと技能実習生では考えられない高額な収入で募集していて、実習先の介護施設も決まっていますがそれだけの給料がもらえるか受入れが可能かも怪しいようです。

いい加減な第一次受入れ機関(組合などの監理団体)があるから外国人技能実習制度を悪く言う方がいるのです。

介護の求人でお困りの施設のみなさん、外国人技能実習制度はルールを守って活用すれば人手不足の解消につながると思います。コンプライアンスや取り返しのつかないことにつながりますので、第一次受入れ機関の選定には細心の注意を払ってください。

ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、マニラ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、山口県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。
お気軽にお問い合わせください。

【2015/06/12 10:24】 | 外国人技能実習制度 介護
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック