fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
他の監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)から外国人技能実習生を受入れている企業様から「技能実習生は解雇できないの?」という問合せがあります。なんでも他の監理団体では絶対解雇できない、絶対途中帰国はさせられないと答えることが多いようです。
技能実習生は解雇=途中帰国になることが多いのですができます。
もちろん外国人技能実習生は日本人従業員のように自由に次の職場を見つけることができないので解雇の判断は慎重にしなければなりません。
今までに相談があった企業さまの技能実習生の実情は「勝手に段取りをして自由出勤になっている」「勝手に他のところで仕事をする時がある」「勝手に休憩室で寝ている」など技能実習生が勝手にやってるパターンと「いくら教えてもできない」「いつまで経ってもミスが多くて」「安全の決まりを守れない」など技能実習生のスキルに問題があるパターンがあるようです。

今朝は岡山空港から協同組合ビジネスネットワークで受入れているインドネシア人技能実習生一人が途中帰国するので送ってきました。



今回は技能実習生のスキルの問題で組合からは何回もスタッフや通訳を派遣したり、企業さまは日本語ができないことが原因かと考えて日本語の先生を雇っていただき勤務時間中に教育もしてくれましたが実習生の精神状態が不安定になったのもあり残念な結果になりました。
先日本人から会社に迷惑をかけるので帰国したいと申し出があり途中帰国になりました。
日本人でも自分のスキルを理解して受入れられない方がいますが、このように素直なところはインドネシア人の特徴です。

協同組合ビジネスネットワークでは外国人技能実習生受入れに責任を持ち安定した受入れを進めています。
外国人技能実習生受入れはお気軽にお問い合わせください。

ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中部ジャワ技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、マニラ技能実習生、中国人技能実習生、遼寧省技能実習生、山東省技能実習生の受け入れはお任せください。

香川県、愛媛県、高知県、徳島県、広島県、岡山県、山口県、鳥取県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県で受入れを進めています。





【2015/07/21 14:38】 | 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック