fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
協同組合ビジネスネットワークでは技能実習生受入れ企業さまへの監査を徹底しています。監査に行くと技能実習記録を確認させてもらいますが、企業さまの担当者様が工夫を凝らして頑張って書いてくれているところも結構あり見せていただくのが楽しみな時があります。

謚€閭ス螳溽ソ定ィ倬鹸_convert_20161007094922

しかし技能実習記録は結構ややこしくて技能実習計画に基づき書くものですから理解できないと難しいところがあります。
企業さまの中には「こんな意味もないことを記録して何になるの」とか「以前の組合は書いてくれてたけど、やってくれないの」と言われたり、私たちは大阪方式と呼んでますが前の組合が作った技能実習計画にあるすべての項目を列記しているものにレ点を入れていくやり方を続けているところもあります。でも全ての項目は列記されていても肝心の時間を書くところが無くてやり直してもらったりすることがあります。

JITCOの巡回指導も高松JITCO管轄の四国の企業は1年おきに受けているような感じがありますが、大阪の企業は10年もの間来たことがないといった感じです。
このようなことからも組合がおこなう監査の対応にも地域によって危機感が違いうように感じます。
企業さまには叱られるかもしれませんが、監査をする立場からするとJITCOの巡回指導は受入企業さまの意識を高めてくれるのでwelcomeなのです。
今後は技能実習機構なる公的機関ができ、そこの調査になる予定なので公的機関が調査に回るとなれば、今のような大きく頻度に差が出ることはないように思います。

外国人技能実習生の受入れ企業さま、予定通りの入国日で進められることも安定した受入れをするポイントです。
予定通りの入国日で進められるのは技能実習記録など受入れのルールを守っていることが最低でも必要だと思います。

入国日が遅れてお困りの企業さま、入国が遅れる理由は必ずあります。お気軽に協同組合ビジネスネットワークへお問い合わせください。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井で受入れを進めています。

【2016/10/06 15:05】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック