fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
他の組合の理事長で昔からの知り合いの方と偶然に会って話す機会がありました。久しぶりの挨拶もそこそこに「この仕事はやりたくないですよ。辞められるのなら辞めたい。」と言われました。トラブルが多くて困っていること、今日もどこかの会社で実習生が仕事をボイコットして休んでいることを話してくれたのですが、その途中にも何回か企業さまから苦情の電話と思われるものがかかってきていて返答に困っているようでした。

その理事長が私に聞くのは「本当に1か月の入国後講習をやってるの」「本当に時間外に割増賃金を払ってもらってるの」「本当に農業でも割増賃金を払ってるの」「本当に有給休暇を与えてるの」「本当にWi-Fiは自由に使わせてるの」などと協同組合ビジネスネットワークでは当たり前にやってることばかりでした。
この時の「本当に」という言葉が耳に残って嫌な言葉になりました

協同組合ビジネスネットワークでは実習生がトラブルを起こさずに3年間過ごすためには監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)が実習生たちから信頼されることが一番大切だと思います。
実習生たちは入国後講習の期間、割増賃金、有給休暇、Wi-Fiのこと、ルールがどうなっているのか全て知っているのです。
それを守らない組合を実習生は信用しないですよね

受入企業さまの中には「うちはルールを守ってるのにトラブルがある」と言われる方がいますが、その監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)が他のところで信頼をなくしているとしたら真面目にやっている企業さまもとばっちりを受けるのです。

外国人技能実習生の受入れ企業さま、協同組合ビジネスネットワークの安定した受入れの秘訣をお気軽にお問合せください。

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ラオス人技能実習生、カンボジア人技能実習生、フィリピン人技能実習生、中国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、岡山、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、高知、徳島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井で受入れを進めています。

【2016/10/08 17:20】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック