FC2ブログ
ベトナム・インドネシア・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生受入れを進める協同組合ビジネスネットワークの理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
中国 雲南省の地方政府より外国人技能実習制度について説明の依頼があり雲南省の省都がある昆明市から車で3時間のところに位置する永仁県という所へ行ってきました。

mmexport1518227714359_convert_20180211202627.jpg

DSC_3549_convert_20180211203154.jpg

日本で言えば県の部長と課長と担当者の方たちが出迎えてくれ、先日 永仁県で開催された合同求人説明会で日本の技能実習制度の話が出たそうで、知り合いから協同組合ビジネスネットワークを第一次受け入れ機関(監理団体)として高知県で農業実習を終えて帰国した者を紹介されたそうで、その実習生を通じて私に話が来たのです。
永仁県の紹介では人口10万8千人で農村部の人口が5万8千人いること、少数民族の割合が78%、日照時間の長さがラサに次いで中国2番目とか主要産業は農業だということなどの説明がありました。

私からは技能実習制度は日本政府がおこなっている国際貢献だということ、制度や日本の労働関係法などについての説明をしました。
永仁県の方たちからは実習期間や給料、健康保険や労災保険、航空代金などの質問がありました。

DSC_3546_convert_20180211202926.jpg

説明をした永仁県の建物の前では協同組合ビジネスネットワークで受け入れていた実習生が待ってくれていました。
永仁県までバスで5時間かけて来てくれた者もいました。

DSC_3508_convert_20180211203029.jpg

技能実習制度の説明の後は実際に技能実習生に関心のある人たちへの説明会に参加しました。
元実習生たちは資料や日本から持ってきたお菓子を配ったりと準備を手伝ってくれ、説明会が始まると実習生経験者として質問に答えていました。

ここで嬉しかったことが
参加者から労働違反を聞くと質問があると元実習生たちが
「私たちの組合(協同組合ビジネスネットワーク)では違反なんてなかったですよ」「本当に幸せで人生が変わった」
などと教えていました。

永仁県の公務員の方からは、大変貧しいこの地域の者を技能実習生として受入れて助けてほしいとお願いされ説明会を終えました。

外国人技能実習生受入れ企業さま、外国人技能実習制度は偏った国や地域に対しておこなうことでは国際貢献につながらないと思います。
雲南省のこの地域のような方は毎日の生活が大変で日中関係などには興味がありません。
是非、4000メートル超えの酸素の薄いところで毎日高所トレーニングをおこなっているようなことで体力があり、素朴で真面目な実習生にチャンスを与えてやってください。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

外国人技能実習生、中国人技能実習生、大連技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生、青島技能実習生、西安技能実習生、カンボジア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、フィリピン人技能実習生、の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、東京、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。





【2018/02/11 21:47】 | 中国 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック