FC2ブログ
ベトナム・インドネシア・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生受入れを進める協同組合ビジネスネットワークの理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
特定技能の受入れのお問い合わせが増えていて、説明に回ってるうちに同じ「特定技能」の受入れでも業種によって求めるものが違うことに気が付きました。

特定技能1号は人手不足の深刻な14業種①建設業、②造船・舶用工業、③自動車整備業、④航空業、⑤宿泊業、⑥介護、⑦ビルクリーニング、⑧農業、⑨漁業、⑩飲食料品製造業、⑪外食業、⑫素形材産業、⑬産業機械製造業、⑭電気電子情報関連産業での受入れが可能となっています。

業種によって特定技能で受入れを考える理由に違いを感じる時があります。

Aタイプ :建設業や自動車整備業などの方は「施工管理技士」「電気工事士」「自動車整備士」などの国家試験を取得させ資格者の確保をしたい

Bタイプ :農業やビルクリーニングなどの方は技能実習生の募集が難しくなっているので技能実習を終えた者も受け入れたい

Cタイプ :宿泊業や外食業などの方は技能実習制度での受入れができないため特定技能で受け入れたい

Dタイプ :素形材産業や産業機械製造業の方は技能実習を終えた技能を持った者を受け入れたい

どちらにしてもベースには人手不足対策ということがあるのです。

特定技能の外国人受入れには「登録支援機関」の登録を済ませた団体を通すのが現実的です。
特定技能の受入れについては協同組合ビジネスネットワークまでお気軽にお問い合わせください。

外国人技能実習生は、ベトナム人技能実習生、ハノイ技能実習生、ホーチミン技能実習生、インドネシア人技能実習生、ジャカルタ技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2019/05/12 14:44】 | 特定技能
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック