fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて入国ができなくなっているベトナム人技能実習生・特定技能の入国が段階的に認められてきました。協同組合ビジネスネットワークではベトナム出国前のPCR検査、書類申請、14日間の健康モニタリングと日本入国後のPCR検査、14日間の公共交通機関の不使用、14日間の自宅待機、健康フォローアップ、14日間の位置情報の保存など受入れ企業では難しいところを組合で進めていきます。

詳しくはこちら
国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について
外務省からの情報です。

在ベトナム日本国大使館からの情報です。

特に入国後14日間の公共交通機関不使用は入国空港が東京羽田空港か成田空港に限られることが予想されるので空港の迎えと、入国後の14日間の自宅待機(隔離と呼ぶ方もいます)は施設やフォローアップの手間を考えると企業でやるのは難しいと思っています。
そこで入国空港へは組合が所有している特別仕様のマイクロバスに席の間隔をあけて座らせて移動、組合の講習センター寮で14日間待機させて企業へ届けることで進めていきます。
それに関連して健康フォローアップや位置情報の保存も同時に組合でできると考えています。

スタッフ、知識、施設、車両が整った協同組合ビジネスネットワークを監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)として技能実習生を受入れたり、特定技能の登録支援機関として使った時の安心で安定した受入れが他の受入れ機関や特定技能紹介業者との違いです。
特定技能、技能実習生受入れ企業さま、複数の協同組合などの監理団体に加入することは自由です。
お気軽にお問い合わせください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2020/08/08 11:00】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック