fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
レジデンストラックのスキームを利用して技能実習生受入れを進めている協同組合ビジネスネットワークが四国新聞で紹介されました。

Screenshot_20201028-180416_(002)_convert_20201028181857.png

見出しの通り 外国人技能実習生、受け入れ再開 県内現場安堵も感染対策負担に「先行き見えず」 です。

協同組合ビジネスネットワークでレジデンストラックの誓約書にある条件をクリアするために使った費用は、個室への改造や仮設トイレとシャワー設置に約300万円、オンライン授業の準備に約100万円です。
その他、成田や羽田への車での迎えも大きな負担になっています。

この新聞記事にある三豊市の建設業者も協同組合ビジネスネットワークからの受入れで、隔離期間中のホテル代の負担は大きいです。

最近はレジデンストラックの条件に付いて他の監理団体(協同組合などの第一次受入機関)や企業さまからのお問い合わせが増えています。
みなさん一番気にされているのは 受入れには手間がかかるのという部分です。
めっちゃ手間がかかりますよというのが正直なところです。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2020/10/28 18:52】 | 技能実習生受け入れ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック