fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
協同組合ビジネスネットワークでは、職員が手分けして技能実習生や留学生の入国再開で公表された受入れ条件の分析と申請書類の作成を始めました。

11月5日の発表を見て翌日(6日土曜日)に入国再開チームを立ち上げ、公表された条件を読み解くことから進めています。
今回の入国は、いつものややこしいお役所言葉だけでなく条件も多く、進めるのに苦労しています。

入国できる者の在留資格認定証明書の日付で11月、12月、来年1月、それ以降と4段階に入国日が分かれていたり、一日の入国者数が3,500人と制限されていたり、日本に入国する飛行機が毎日なかったり・・・・・と問題が多いです。

ニュースを見た企業さまから たくさんのお問い合わせを頂いていますが、まだ何とも言えない状況です。

協同組合ビジネスネットワークとして少し救われているのが昨年に少しの期間入国できた時にたくさん受け入れたので、今回の入国再開で11月の入国条件に該当する実習生は2名だけということで余裕があります。
今回も早期の入国を目指していきます。

特定技能、外国人技能実習生、ラオス人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ネパール人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。

【2021/11/08 15:44】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック