fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
日本の技能、技術、知識を途上国へ移転させ経済発展の人づくりであり国際協力を目的としている技能実習制度や深刻な労働力不足に対応するための特定技能のベトナム人は よく「家族のために頑張る」と聞きます。

「家族のために」というのは特にベトナム人が当然のように言うものですから、ただ貧しいからいうのだろうくらいに思っていました。
しかし全てのベトナム人が同じように話す「家族のために」という理由を考えてみました。

ベトナムと国家の体制や文化・習慣が似ているのに中国人は「家族のために」というよりか「将来結婚するのに」とか「子供の教育のために」という者が多く、以前は「弟や妹の教育のために」ということを話していた者も多かったです。
そこで思いついたのはベトナムには日本のような年金制度が整備されてないのが原因じゃないかということです。
中国には年金制度があり、公務員には恩給のような制度があるので「家族のため」ではなくて自分や子供のためとなるのでしょうね。

いくつになっても親離れできない日本人が多い中、親も含めた家族を養うために頑張るベトナム人たちは立派だと思いませんか

特定技能・外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。


【2021/11/23 18:14】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック