fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
関西で他の監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)からインドネシア人技能実習生を十数名受け入れられている企業さまから実習生間のトラブルが多いということで相談があり訪問してお話を聞いてきました。インドネシア技能実習生を受入れている協同組合ビジネスネットワークとしては考えさせられる情報でした。

協同組合ビジネスネットワークの送り出し機関はジャワ島の中部に位置しています。
ほとんどの実習生は同じジャワ島中部の出身です。

相談のあった企業さまの前の送り出し機関は当組合の実習生募集地に近い東ジャワだそうです。
2年半ほど前から組合を変えたところ、送り出し機関もジャカルタに変わったそうです。
ジャカルタやデンパサール(バリ島)の送り出し機関はインドネシアの広い地域から候補者が集まっているので実習生たちの性格がバラバラになり、管理が大変になったそうです。

最近は前の組合からの実習生と特定技能の者が精神的に疲れ、帰国困難の特定活動も利用して残ってくれていたのに急に帰国の申し出が増えて困っていると相談でした。

そういえば
以前、他の組合からのインドネシア実習生がいる企業に当組合から中部ジャワの実習生を入れていた時、中部ジャワ出身の通訳が教えてくれたのは「あの人たちは怖いよ」「話方もきつくてうちの実習生は仲良くなれないよ」ということでした。

そりゃそうですよね。
13446の島からできているインドネシアです。
島が違えば使っている言葉も違うし、性格や宗教観も違います。
インドネシア人たちが話している言葉が分からない私でも、性格がキツイかなとか話し方がキツイかなと感じる地域の方がいます。

その後、その企業さまはどうなったかというと
性格の優しい特定活動中の者は全員帰国、特定技能の者は全員他社に移籍したそうです。
次は中部ジャワから受け入れたいというのが企業さまの考えでした。

外国人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

兵庫県、奈良県、京都府、大阪府、滋賀県、三重県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2021/12/24 14:23】 | インドネシア 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック