fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
外国人技能実習制度が廃止とニュースが出ました。このことについて真面目に技能実習生の受入れに携わってきた協同組合ビジネスネットワークの代表理事として思いがあります。

技能実習「廃止」提言へ 政府会議、外国人材確保に転換日本経済新聞より

外国人技能実習制度については、企業の暴力・暴言、給料の未払い、企業を変われないことが大きな問題だと言われています。
企業を変われないというのは間違っていて、現在はもっともな理由があれば転籍できます。

結局、上記の問題を解決しないので失踪につながり、失踪者は不法就労や不法滞在者になるのです。
ほとんどの原因は企業にあるのですが、原因の根源は企業に問題があっても見逃す監理団体(協同組合などの第一次受入れ機関)にあると思います。
実習生が仕事に不満を持ち失踪したよ
ということも聞きますが、これも監理団体が募集時に企業情報や作業内容を正確に詳しく伝えていないのが大きな原因です。

監理団体をチェックするべき機関に情報を集める窓口のようなものがなかったのも、不良監理団体を野放しにしたことになったと思います。
廃止が決まったので不良な監理団体のやってることは次回にでも書きます。

技能実習生受入れ企業さま、監理団体を選ぶのは安定した受入れをすることにおいて重要なことです。
監理団体だから、協同組合だから、付き合いがあるから・・・・では、選ばないでください。
残り少ない受入れになると思います。最後くらいはちゃんとやりませんか

特定技能、外国人技能実習生、ラオス人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ネパール人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県で受入れを進めています。

【2023/04/11 11:16】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック