fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
現状の技能実習制度廃止に伴い、新制度のスタートと内容が気になるところです。
政府の技能実習制度廃止で見直し案 自民 特別委員会で了承NHKニュースより
そこで現在までに出てきている情報をまとめてみます。

※受入れ職種
技能実習制度90職種165作業(令和5年10月31日時点) → 新制度では特定技能の12分野と出ていますが、これでは現状より
                                      受け入れできる企業が減ります。追加があることを期待しています。

※日本に受け入れる人数
技能実習制度では問題になっていない → 新制度では年間の受け入れ人数の設定がありそう
                           こうなると監理団体、受けれ企業の審査が厳しくなることが予想される

※転籍
技能実習生の間は転籍は難しい → 一定の日本語レベルに達したら1年後に転籍可能

これらのことが大きな違いです。

新制度のスタート時期は決まってないですが、2024年内は無いように思います。

最近、新制度になってからの受入れに不安を感じて受入れが加速しているように思います。
技能実習生受入れをお考えの企業さま、新制度についてのお問い合わせなど、安定した受入れを進める協同組合ビジネスネットワークまでご連絡ください。

特定技能、外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ネパール人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、ミャンマー技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

奈良県、滋賀県、三重県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、静岡県、愛知県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2024/02/07 13:55】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック