fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
いつから育成就労制度に移行するのかが見えてきました。

「育成就労」3年の移行期間=激変緩和、技能実習生在留可に―27年開始後も・政府調整時事通信社の記事です。

この記事に全て入っていますが、ポイントは

運用開始は2027年
3年の移行期間を設ける
現行の技能実習制度で入国した外国人は、育成就労制度にはなれない
一定の条件を満たせば転籍が可能
この他にも技能実習制度なら技能実習3号に進めば最長5年間になりますが、技能実習3号の2年間の部分について触れられていません。
そうすると育成就労制度3年+特定技能5年の8年間になる可能性があります。

移行期間は、今までにも外国人研修制度から技能実習制度に移行した時や技能実習制度の改正時にもありましたが、監理団体にすれば二つの制度が混在するので手間取る期間となります。

育成就労制度については協同組合ビジネスネットワークまでお気軽にお問い合わせください。

特定技能、外国人技能実習生、インドネシア人技能実習生、ベトナム人技能実習生、中国人技能実習生、カンボジア人技能実習生、ラオス人技能実習生、ネパール人技能実習生、ミャンマー人技能実習生、フィリピン人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☝お問い合わせください。

愛知県、静岡県、岐阜県、山梨県、長野県、福井県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県で受入れを進めています。

【2024/03/21 10:09】 | 協同組合ビジネスネットワーク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック