fc2ブログ
インドネシア・ネパール・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス・フィリピン・中国から技能実習生の受入れと、特定技能の登録支援機関の協同組合ビジネスネットワーク 理事長ブログです。受入れ企業様にはサポートと情報を提供して安心した受入れができるように進めています。
最近、技能実習生の出身国を中国から他の国に変えることを考えられている方が増えています。
中小企業や個人経営の規模で違う国の技能実習生が混在するのは作業内容の問題があり難しく、今の中国の状況が分かっていてもついつい中国人技能実習生を選んでいる方が多いのも事実です
でも中国での面接に参加して決めて帰ってきた企業様から慌てたように問い合わせがあるのです
問い合わせの内容はみなさん同じで「面接に行ってきたけど面接参加者が少なかった」「面接参加者のレベルがすごく下がっている」といったことです。
これらの現象は募集職種によっては少しづつ見えてきていましたが、特に今年に入ってからはひどいです
角度で表現すれば垂直落下でしょう
こんな状況ですから、中国へ募集に行かれた方は採用者を決めたもののこの状況に気付かれて怖くなっているのです
中には採用者をキャンセルして他の国へ変える方もいます
私はこの方が3年間の実習期間、それどころか面接後から帰国までだと3年6ヶ月くらい付き合わないといけないのですから「賢明ですよ」とアドバイスしています
入国時期の問題も心配されている方も多いですが、早く当組合☜へご相談ください。
当組合の特徴は、受入れの申し込みから入国までが早いです
その理由は真面目に送出しを進めている送出し機関からの募集、熱心なスタッフによる正確で早い申請書類作りにあるのですが、それ以上に大きなポイントは信用です
混在の問題も中国人技能実習生だけでなくインドネシア人技能実習生ベトナム人技能実習生を受け入れてきた経験がありますので安心して受け入れていただけます

とにかく早めにご連絡くださいね

外国人技能実習生、ベトナム人技能実習生、インドネシア人技能実習生、中国人技能実習生、雲南省技能実習生、山東省技能実習生、遼寧省技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークへ☜おまかせください。

静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、愛媛県、香川県で受入れを進めています。

【2013/03/28 09:53】 | 技能実習生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック